時計買取の上級者スキルを身に着けよう

その時計!ちょっと待った!

店舗型と買取専門型の違いを理解して時計買取店を選ぼう

時計買取店の店舗には大きく「店舗型」と呼ばれる形態と「買取専門型」と呼ばれる形態の2種類があります。

店舗型の時計買取店は、製品の買取りを実施するとともに買い取った製品の販売も行っている時計買取店のことです。時計買取店の中では比較的経営規模の大きい店がこの形態を取っていることが多く、店頭で接客を行うスタッフや時計の鑑定を行うスタッフなど、店内のスタッフそれぞれに持ち場があります。近年は、店頭での買取りだけでなく、出張買取や宅配買取も実施している店も多くなっており、時計を買い取って欲しい人が利用しやすい環境が整っています。

これに対して、買い取った製品の販売を行わず、買い取りのみを行う時計買取店が買取専門型と呼ばれます。こちらの形態では買い取った時計はオークションに出品したり、業者間で競りにかけられるため、中古品の在庫を抱える必要はなく、在庫品を管理するコストを削減することができます。また、買取専門店でも経営規模が大きい店だと接客スタッフや鑑定スタッフに分かれて仕事が行われていることがありますが、販売業務を行う必要がない分、店舗型ほどスタッフを多くしなくても良いのが特徴です。店舗型より店舗を維持するためのコストがかからなくなる分、時計の高額査定が実現されやすくなります。近年は、通信インフラの普及とともに、常設の店舗を持たず、出張買取を中心に買取業務を行っている買取専門店も増えてきています。常設の店舗を持たないことで、通常の買取専門店以上に店の維持にコストをかける必要がなくなり、より高額の査定額が提示される可能性が高くなります。

時計買取店を利用したい人にとっては、店舗型と買取専門型ではどちらの形態の方が高額で買い取ってもらえるかが気になるところです。一般的には、買取専門店に査定に出したほうが高い査定額を提示してくれる可能性がありますが、絶対的に優位であるとまではいえません。時計の買取額は、製品のその時点での相場価格や保存状態、希少価値などの要素をもとに、各買取店が自店舗の時計買取に対する考え方も加味されて決定されるのが基本であり、店舗の運営コストは加味することもありますが、重要な要素にはなりません。

時計買取を利用する場合は、店舗の形態については過度に気にする必要はなく、その時点で都合の良い店舗を選べば良いです。ただし、高額査定を狙っているのであれば、複数の時計買取店に査定を依頼してから売却先を決定するようにしましょう。

Copyright(C)2015 時計買取の上級者スキルを身に着けよう All Rights Reserved.